戻る

ソシャティ|社会活動の検索&ブログサービス

広告

  • #2300
  • 2022.04.14

多様性を力に変え、クラブチームと街を盛り上げる 〜 一般社団法人まちはチームだ 事務局長 中川 康文さん 〜 | リアル×ミライプログラム

  • シェア

シェア閉じる

トップイメージ

福岡県北九州市でひきこもりの支援に取り組む「NPO法人すてっぷ北九州ひきこもり支援センター」とサッカークラブチーム「ギラヴァンツ北九州」との協働企画「GOP(ギラヴァンツ・オープンマインド・プログラム)」を考案し、そのファシリテーターを務める中川さん。想いは「多様性を力に変える!」。詳しくお話をうかがいました。(インタビュアー ウィライ 浅田)
※本インタビューはリアル×ミライプログラムの1stステップ「インタビュー」です。今後中川さんと共に明るいミライヘの戦略をデザインしていきます。

広告

心と体を温めて感情を解放する「GOP」

ギラヴァンツ・オープンマインド・プログラム(以下、GOP)は、20歳以上のひきこもりの方を対象として、サッカーとの触れ合いを通じてコミュニケーションと社会復帰の機会を提供するプログラム。その効果はひきこもり当事者に留まらず、サッカークラブ「ギラヴァンツ北九州」のファン層拡大、そして多様性を分かち合う街の魅力向上にもつながる、まさに“三方よし”のプログラム。GOPは「みる」「する」「支える」の3部で構成されます。

「みる」: 実際にサッカーを観戦しながら感情を自由に表現することを経験します。中川さんが参加者の前でお手本となり、試合の状況に合わせて拍手や檄を飛ばすなど、感情の一喜一憂を目に見える形で表現します。

「する」: Jリーグのコーチによる指導のもと、積極的に体を動かします。手を繋ぎながらサッカーすることもあり、そこでは自然なコミュニケーションが生まれます。様々な運動の中でできないことがあっても、誤魔化さずに前向きにとらえられるよう促します。

「支える」: ギラヴァンツの試合でゴミ収集などを手伝ってもらい、最後には社長から直々にお礼のメッセージを伝えてもらいます。これらの活動を通して、社会に貢献し、承認されることを体験する機会を提供します。

2018年からの活動でのべ1,000人が参加し、参加者の中にはギラヴァンツの年間パスポートの購入や、中川さんが運営しているフードフェスティバルのボランティアに自ら参加するなど、クラブチームに、そして街に成果が還元され始めています。

GOPの詳細はこちら。

  • 「ギラヴァンツ北九州が、ひきこもり支援に取り組む理由。地域の媒体になるために」AZrena

  • https://azrena.com/post/17533/

  •  
  • 「ギラヴァンツ北九州の社会貢献活動に見る共的セクターの役割と課題」二宮 清純(スポーツジャーナリスト)  釜 崎  太(明治大学)共著

  • https://www.jstage.jst.go.jp/article/arspes/advpub/0/advpub_22-03-001/_pdf/-char/ja

多様な個人・企業が共生する循環型社会の実現へ

「心の問題を気軽に話すことができれば、個人の能力が発揮できるのではないか、そのためには多様性を理解し、多様性を前提としてコミュニケーションできる個人の能力と場が必要。」と中川さんは考えます。

単純なスポーツクラブの社会貢献活動ではなく、社会にとって共通の価値を創造する活動として、多様性を力に変える社会の実現を目指すGOPのメンバーたち。

「個人の、そしてローカル企業の多様性を活かすことで、各自が自立し、創出価値が循環する地域共生型コミュニティ経済モデルを全国に発信していきたい。」と意気込まれています。

キーワード

#多様性 #ひきこもり #スポーツ #サッカー

広告

過去の記事

トップイメージ

多様性を力に変え、クラブチームと街を盛り上げる 〜 一般社団法人まちはチームだ 事務局長 中川 康文さん 〜 | リアル×ミライプログラム

  • 2022.04.14

トップイメージ

“みんなちがってみんないい”共に生き合う社会を目指して 〜NPO法人 八ヶ岳福祉農園 山田 佳子(やまだ けいこ)代表へのインタビュー〜

  • 2021.10.28

トップイメージ

社会課題解決プログラム 「リアル×ミライ〜誰かの課題はみんなの課題〜」

  • 2021.09.14

トップイメージ

舞台を作り、時に潤滑剤となって市民活動を支える 〜安曇野市役所市民活動サポートセンター 藤原 亜沙美さんへのインタビュー〜

  • 2021.08.13

トップイメージ

子どもの命を支える家族への支援を通じ、心から安心して暮らせる街づくりを目指して 〜一般社団法人 笑顔の花 茅房 代表へのインタビュー〜

  • 2021.07.03

トップイメージ

残された時間の中で“夢”と“愛”を育む「こどもホスピス」を長野に 〜信州こどもホスピスプロジェクト 白鳥 代表 へのインタビュー〜

  • 2021.07.02

トップイメージ

医療的ケア児をもつ先輩ママらが法人設立、保護者の孤立解消に向けて始動 〜一般社団法人 医ケアの輪 山本 代表理事 へのインタビュー〜

  • 2021.06.21

トップイメージ

パートナーとの関係をもっと自由に、人生をもっと豊かに 〜一般社団法人ディアパートナー推進機構 瀧澤理事長 へのインタビュー〜

  • 2021.06.13

トップイメージ

外国由来の方を社会の一員として受け入れ、共生に向けた課題に関心を持ち、法制度改定の実現を 〜NPO法人CTN(中信多文化共生ネットワーク) 代表 佐藤理事長へのインタビュー〜

  • 2021.05.30

トップイメージ

クマを理解し、人間社会へ近づかせない責任ある行動を通して共存の実現を 〜NPO法人信州ツキノワグマ研究会 岸元 代表へのインタビュー〜

  • 2021.05.23

トップイメージ

子どもや生活困窮者だけでなく、あらゆる人が集う街のプラットフォーム「信州 こども食堂」〜NPOホットライン信州 青木 専務理事へのインタビュー〜

  • 2021.05.21

トップイメージ

シニアの社会参加に向けた意識・人・仲間づくりを支えるコーディネート力〜長寿社会開発センター 主任シニア活動推進コーディネーター 戸田さんへのインタビュー〜

  • 2021.05.14

トップイメージ

持続可能な社会の実現に向けたメッセージをデザインで表現し続ける〜株式会社エコマコ 企画チーフ 酒井さんへのインタビュー〜

  • 2021.05.06

トップイメージ

自己決定できる環境を整え、生活困窮者の自立支援を目指して〜NPO法人とまり木 八木 航 代表理事へのインタビュー〜

  • 2021.04.24

トップイメージ

障がいを持っていても社会へ一歩踏み出せるように、その通過点でありたい 〜株式会社MODESTLY (就労継続支援B型事業所 asoBe運営)三浦誉夫 代表 へのインタビュー〜

  • 2021.04.10

トップイメージ

社会を変える主体者は「市民」、市民活動への「参加」と「協力」で自治型社会の危機を救おう 〜大阪ボランティア協会 早瀬 昇 理事長へのインタビュー〜

  • 2021.04.02

トップイメージ

障がいのある方を地域で支える4つの視点 〜 NPO法人まいぺーす 堀川 勝巳 理事長 へのインタビュー〜

  • 2021.03.31

トップイメージ

「楽しさ」の中に「正しさ」を、新感覚ゴミ拾いイベント「清走中〜Run for trash 〜」で環境問題の壁に挑む 〜 学生団体Gomitomo代表 北村優斗さんへのインタビュー 〜

  • 2021.03.23

トップイメージ

みんなの社会活動広場「ソシャティ」で社会を変える 〜 リリースへの思いを語る 〜

  • 2021.03.23